肩こり改善にオススメの仙台の整体・整骨院ナビ

肩こりがおこるメカニズム

人間の体は、骨盤から伸びる背骨がS字になることで、スイカの重さほどある頭の重心を上手く分散させ、細い首(脛骨)に負担がかからないようになっています。そのため、肩こりの多くの場合は、怪我による筋肉の損傷や心理的要因による場合を除いて、ほとんどが姿勢の悪さによるものです。

 

姿勢が悪く首が前に出ることによって、頭の重さが首だけにかかって、首からつながる肩や背中の筋肉が必死になって首を支えています。この恒常的な筋肉の負担が過剰になると、筋肉の過度の緊張が起こります。

 

筋肉の過度の緊張や筋肉疲労から筋肉の強張りが生じ、血液循環が悪くなって酸素や栄養素が十分にいきわたらなくなってしまいます。その結果、筋肉の収縮時に感じる痛みや筋肉のけいれん反応が肩こりの正体です。

 

脊椎を支えるためにサスペンダーのように背中の筋肉は肩の筋肉と繋がっています。だから肩こりが酷くなると痛みが背中まで伝わってしまうのです。

 

【PR】仙台で整体をお探しなら、石川はりきゅう整骨院へ☆整体治療もできます!

 

同じことが怪我による筋肉の一時的な損傷や精神的な原因によっても起こります。精神的な怒りや不安は、自律神経の交感神経を刺激して血管を収縮して血液不全を起こすことによって痛みを感じさせる乳酸が作りだされるといわれ、肩コリや背中の痛みを生じます。

 

また目の疲れも肩こりを誘発します。目の疲れによってまぶたを上げる筋肉(ミュラー筋)の緊張を起こし、ミュラー筋の緊張が自律神経の交感神経を刺激し、血液不全から乳酸が分泌され肩コリが生じます。

 

また最近はパソコンによるデスクワークが増え、1日中マウスを使用する反復作業をしている人は、マウス症候群による頸肩腕障害等も筋肉の緊張による血液不全によってひどい肩コリが起こります。

 

当サイトは、以下の治療院を一部参考にさせていただきました。
参考:仙台市泉区の大坂整骨院様 http://oosakaseikotuin.com/